2018年07月23日

願いや思いは必ず伝わる!(夏の猿まわし&花こま公演から)

恒例となった先生方の太鼓演奏、今年も練習の成果が楽しみです。本番前のひと時、事前に集まっての練習を伺っていると、楽しく演奏したいという気持ちと、どこからともなくやって来る不安が入り混じっている様でした。そんな中、何としてもいい演奏をしたいと張り切る先生方のその思いは、私達や、お猿さんにも伝わり、適度な緊張感のある、とても気持ちのいい公演につながりました。公演の一番最後、園児が獅子に頭を噛んで貰う時も、何とも言えない達成感が会場中に溢れていました。
演目:ぶち合わせ太鼓、秋田大黒舞、猿まわし、水口囃子、寿獅子



  


Posted by 花こま at 17:39Comments(0)伝統芸能

2018年07月22日

段取り9割、本番1割?(夏の猿まわし&花こま公演から)

保育園というのは、朝の送り迎えで混雑する時間帯があり、それを避けるために私達の車は園庭に入れる事になりました。途中の道が狭く、何回も何回も切り返し、やっとの事で園庭に入れる事ができました。お猿さんは、動く物に興味を持ったり怖がったりするので、急遽エアコンの下に付いていた扇風機のようなファンを外しました。準備のため子ども達のお部屋と隔てていた隔離壁を先生方と一緒にしまいました。そんな朝から色んな準備を重ねた結果、先生方共々満足できる公演をつくる事ができました(嬉)。
演目:水口囃子、南京玉すだれ、車人形、猿まわし、寿獅子


  


Posted by 花こま at 10:27Comments(0)伝統芸能

2018年07月21日

必ずや思いは実を結ぶ!(夏の猿まわし&花こま公演)

どれだけ喜ぶか!利用者の皆さんに是非見せたい!そんな施設長さんの思いが初めて実を結びました!「初めて」というのは、お互いにどうすればいいのかと考えてしまいます。できるだけの事をお伝えし、こちらも不安が無いように色んなお話を伺います。いざ公演になると、いつも芸能を楽しんでいる皆さんのようで、熱心に私達の舞台を楽しんで下さいました。公演後、初めてこの様な舞台を間近で見せて頂き、こんなにも皆が集中して見るなんて!職員が驚いていました!と興奮気味に感想を頂きました。早速、来年に行われる施設の祭りでの公演依頼を頂きました!感謝。
演目:水口囃子、花田の子守唄、そーらん節、猿まわし、南京玉すだれ、車人形


  


Posted by 花こま at 20:45Comments(0)伝統芸能

2018年07月20日

情けはヒトの為ならず?(夏の猿まわし&花こま公演)

熱中症で救急搬送されるニュースが飛び交っています。こちらでは、冷房設備が整っている先が続き、ありがたい限りです。それは人間だけではありません。お猿さんも然りです。カンカン照りの屋外駐車場から、よく冷えた会場へとやって来るのですから、そりゃもう機嫌がいい事。早朝稽古の成果を見て頂く絶好の機会です。クーラーのありがたさを嫌というほど味わった鉄平君、「ねんねんころり」のシーンでは、ひんやりとした床に一旦寝転ぶと、親方の合図などどこ吹く風。そのままずっと寝ていたい鉄平君なのでした。
演目:水口囃子、南京玉すだれ、車人形、猿まわし、寿獅子


  


Posted by 花こま at 21:28Comments(0)伝統芸能

2018年07月19日

プレゼントを渡すタイミングが遅れたその理由(夏の猿まわし&花こま公演から)

先代のいっぺい君が亡くなり、今年は鉄平君の独り立ちとなりました。何かと勝手が違いますが、これも私達に与えられた宿命です。新しい流れの中、緊張と共に新鮮な面持ちでのぞみました。喜んで頂けたと思います。公演後、出演者ひとりひとりにプレゼントを頂きました。今年は、夏の公演にふさわしい手作り「うちわ」です。可愛い園児達が、挨拶に並んだ私達に手渡して下さるのですが、あれっ?一人遠慮気味に手渡すお友達がいます?あっ、そうか!獅子を舞ったおじちゃんに渡すのも怖いんだよね(笑)!
演目:水口囃子、秋田大黒舞、猿まわし、花田の子守唄、寿獅子



  


Posted by 花こま at 21:53Comments(0)伝統芸能

2018年07月18日

「お誕生日会」(夏の猿まわし&花こま公演から)

毎月、園を上げてその月に生まれた園児ひとりひとりを、お祝いする行事があります。就学してしまうと、学校を上げてお祝いなんて、なかなかしてもらえるもんじゃありませんよね。今日はそんな貴重な人生の1ページを飾る、大切な「お祝いの会」です。心から祝福し、皆さんに喜んで頂ける、思い出となる、そんな公演にしたいと、精一杯の舞台を務めさせて頂きました。
演目:南京玉すだれ、猿まわし、車人形

  


Posted by 花こま at 05:55Comments(0)伝統芸能

2018年07月08日

「日本らしさ」とは(夏の猿まわし&花こま公演から)

サッカーワールドカップ日本代表選手団の闘い方から、「日本らしさ」がちょっとした話題となっています。世界的に見ても、地震・火災・洪水など度重なる災害頻国としての歴史を持ちながら、秩序を持って生き抜いてきたそんな歴史が影響しているのではないかと指摘する方もおられます。折からの豪雨でまたしても各地で災害が起きました。災害後は大変な生活を強いられるのですが、そんな時、日常から離れ、本来私達が持っている秩序で助け合って生きている実感を持つ事があります。阪神淡路大震災後もしかりでした。伝統芸能で、何かしら、そんな先祖の魂を共感している部分もあるのかも知れません。無意識の視線の熱さを感じる公演でした。
演目:水口囃子、猿まわし、寿獅子



  


Posted by 花こま at 15:32Comments(0)伝統芸能

2018年07月07日

「恐怖」を感じるとき(夏の猿まわし&花こま公演から)

現世の「恐怖」と言えば、お金が無いとか、命の危機を感じる時で、かつての「恐怖」は、死、幽霊、物の怪、怪奇現象だったんでしょう。人としてまっとうに生きなければ、いつか苦しみや恐怖を味わう事になるんだと、昔の人は強く感じていたんだと思います。鬼、獅子、なまはげ、パーントゥ等、社会で生きて行くための倫理観を、これら「芸能」で、きっと理屈抜きに学習したんでしょう。今日も、たくさんの子ども達が、古くから愛され、育まれてきた「猿まわし」を楽しみ、そして、獅子の恐怖に恐れおののき泣き叫び、会場を逃げまどい、最後は、先生に助けを求めたのでした。
演目:水口囃子、猿まわし、寿獅子



  


Posted by 花こま at 13:59Comments(0)伝統芸能

2018年05月31日

幸せをつくる集い

今日は、施設利用者とその家族の皆さん方が一同に集まられ、皆さん全員で食事を楽しみ、芸能を楽しむ会です。なかなか日頃見れない嬉しそうな表情や、満足気な表情がこぼれ、涙まで流しておられると、すぐ横にいるご家族が、何より喜んでおられるのがひしひしと伝わって来る会でした。そんな様子を見つめている職員の方も、とても満足そうでした。世間では、人を欺き、傷つけてまでも手に入れたいものがあるのか、失いたくないものがあるのか、まるで恐ろしい地獄を見る様なニュースが連日流れています。私達の手に入れたいものは「幸せ」ですが、その「幸せ」のために、人を欺き、傷つけたいという思いなど、毛頭ありません。
演目:水口囃子、寿獅子、花田の子守唄、南京玉すだれ、車人形



  


Posted by 花こま at 20:20Comments(0)伝統芸能

2018年05月25日

1回1回の公演を大切にする意味

先日の、「民族芸能のつどい」で頂いたエネルギーからなのでしょうか、今日の表現は違っていました。勿論、お客さんによって変わるのですが、何か今まで足を踏み入れた事の無かった領域に、身を置いた様な感じでした。公演後、主催者の皆さんとの交流会でも、メンバーの感想が今までとは違っていました。初めて公演を見て下さった方からは、「そんなにも期待していなかったんですが、もう最初の太鼓演奏から、すっかり心を奪われました!」と、感想を寄せて下さいました。これからも歩みを止める事なく、前を向いて、全身全霊で精進していく事かなと思っています。この様な機会を頂き、本当にありがとうございました!
演目:水口囃子、寿獅子、花田の子守唄、車人形、南京玉すだれ、もちつきばやし



  


Posted by 花こま at 19:59Comments(0)伝統芸能